プロフィールおかわりVol.3

小学生時代、、うそうそ(笑)いつまでも小学生時代書いてても進まないのでww、このプロフィールおかわりは私がどんな想いでお店をしているかっていうのを語りたくて書き始めました、そしたらとにかく私っていう人間がどんな経験をしてどんな過去を持って今に至るのかをとにかく思うままに書き残そうと思ったのです。本題は18歳で社会に出たところから、社会にもまれもがいて今いたるまでを書きたかったのです、、、が、その前にww中学生時代。私にとって何とも苦い時期、、小学生時代の少年サッカーからそのままサッカー部に、弱いながらもレギュラーでやってました。でも、私にとってこの時期の記憶はとにかくつらい記憶、いや、大したことではないんですが、思春期の私にとってはとにかくしんどたかった時期。

「あがり症」になってしまったのです、、ほんとにしょうもないことなんですが(笑)中学入学してクラス内での自己紹介のあとに女子に指摘されたのです、「すごくあがってたよ」って、その瞬間から私の中学生生活は最悪でした、授業の発表とか。特につらかったのは笛のテスト、みんなの前で笛を吹くなんて、、、もうアウト、、。もう息も手も足も震えて目の前が真っ白、、本気で学校行くのやめようって思ってました。、、今書きながら思うのですがほんとにどうでもいいこと書いてるなって思います(笑)。まあ、思春期だったってことです。とはいえ、いま料理人をしている理由としてこんなあがり症では、人前に出る仕事はできないって思って選んだところもあったので、まあ、いいかw。そんな時期でした。小学校と違って中学校では勉強をちゃんとしないといけなくて(小学校もですか??)、小学校で全然勉強をしなかった私は当然落ちこぼれ、それでも英語の授業ならみんなスタートラインが一緒だからと思いまして、英語の最初の授業の日、結構気合を入れて挑みましたwでもですよ、どんでもない、塾ってものがありまして、みんな塾で英語の勉強してたんですww全然スタートライン一緒じゃないじゃん!(笑)。

でもですよ、公立の学校で、始めての英語の授業なんだからそりゃみんな知らないって形で授業を始めるべきって思ったのですが、塾で勉強している人中心の授業の運び、、それでわたしは「あっ頭キター!!」ってやる気なくして授業中に三国志の小説毎日読んでました。「周瑜伝」とかよんでました(笑)。これは私の自滅型抵抗だったのですが、もちろん自滅しました(笑)英語の成績は悪いうえに、先生の怒りを買い(当然ですが)「あなたの態度には目に余るものがりますっ!!」っといわれ(ちなみになるほどザワールドの楠田枝里子みたいな髪型の女の先生です)、ものすごい量の課題を出され、出さなければ成績に1をつけると、、「ちきしょう!!上等だっ!やりあがれ!」、、といわないところが私のいいところで、粛々と課題をさせていただきました(笑)。おかげさまで何とか公立の高校に進学できました。

水呑Cafe Boneu

〒720-0832 広島県福山市水呑町4727-1

TEL : 084-956-1939

営業時間:11:00-18:00 (LO:17:00)
テイクアウト:11:00〜18:00 (LO:17:00)

定休日:毎週日曜日、第2・第4月曜日