プロフィールおかわりVol.5

やっと本題といいますか、社会人になってのわたし(笑)。就職先は大手居酒屋、株式会社D庄。(一応なぜか名前は伏せてイニシャルw)何かしたいとか、どうしたいってのが全くなくただ、料理人の仕事って探し方していた時に、「労働省認可の学校を運営」とあり、一年間学校に半日通って、半日仕事っていうシステムにひかれて決めました。本社が東京都大田区の大森にあって、学校もその近く、、、確か、、。南武線の武蔵小杉だったか武蔵新城の寮に入りました。新入社員研修の最終日近くに希望の店舗業態を聞かれて、、たしかぁ選択肢は一番多い海鮮居酒屋D庄か串専門店か刺身居酒屋かいくつかあったと記憶していたのですが、人事の担当の方が、「刺身居酒屋でいままで新入社員で1年続いた人はいない」って言った瞬間、ハイそこに行きますって!!!言ってました。、、もうね、なんなんですかね??自分ではっきり言えますけど、人より根性ないし、忍耐とか、器用なわけでもないのですが、その時、なぜか自信ていうか、やってやる的なのは人一倍あったのです。

もちろん、そのやる気って大切だと思うし、かっこいいと思うんですけどね。それにはひとつ、条件があると思うんです。それは、実際にやり抜くこと!先に言いますと私はこの会社、その刺身居酒屋を半年でやめました。もう泣きながら逃げ出しました(笑)。やり抜くことできないのにかっこつけてやりますってめっちゃかっこ悪っ!!今は笑えます。。。午前中は学校に通って夕方から配属された店舗に入り実労働ってシステム。でも現実、店舗としては人件費を一人分払いつつ半日しか働かない、しかも高卒の新社会人を迎えるってことで、歓迎されないんです。それはすぐにわかりました。なんでかって言うと、「学校早くやめろ」って優しく言われるから。わかりますけどね、店舗としてはしんどいばっかりですから。でも会社の方針に逆らうわけにはいかないので、もちろん。。。なので、自分の意向で学校をやめて現場で一日働きたいですって言わせるって感じで。私はまんまと(笑)先輩にこれ以上負担をかけてはいけないって学校やめました(笑)。

で、いよいよ晴れて新社会人ですって気持ちで働いたのですが、、、きつかった―、もう何もかも。子供だったのです。すべてがきつかった。それでも、先輩に「絶対に泣かす」っていわれたときも。「はぁ??泣くかぁ!!」ってかなり気合は入っていたのですが、、御存じと思いますがなかなかバイオレンスな業態ですので、心身ともにきつかったです。細かいエピソードはさすがに書けませんが(笑)で、先輩のご希望どおり、ある時、泣きました。自分でもびっくりするくらい、涙が止まらない、、先輩に投げつけられた財布(先輩の)中身を拾っていたら涙が出て止まらなくなってしまってて、、情けなさと、口惜しさだったのかな?まあそれでも少しばかりの根性でつなぎとめていたのですが、ある朝、電車からお店の最寄りの駅で降りれなくなって、店長に「もういけません」って泣きながら電話しました。過去って素敵ですね、こうして話せる。でもこの話10年はあまり人に言えなかった。そりゃそうです。なさけない100%の話なんで(笑)どう自分を弁護しようとしてもできない情けなさw。そんなこんなで私は半年で泣きながら最初の会社を逃げ出したというレッテルをゲットできました。

水呑Cafe Boneu

〒720-0832 広島県福山市水呑町4727-1

TEL : 084-956-1939

営業時間:11:00-18:00 (LO:17:00)
テイクアウト:11:00〜18:00 (LO:17:00)

定休日:毎週日曜日、第2・第4月曜日