プロフィールおかわり(箸休め②)

 プロフィールおかわりは、私が今に至るまでの「過去」を紹介するもの。ですが、「箸休め」と題して、今の気付きや想いをつづったりと自由度を増しつつあります(笑)。目的は私がどんな人間かを可視化してるわけなので本筋からはそれてないと思い、今回の「箸休め②」になります。

 つい先日(2016年8月ごろ)ネットであるフレーズを目にしました「新入社員のうつ病」って言葉でした。うつ病?何気なくサイトを開いてみると、「仕事に行けなくなる。行こうと思っても会社の最寄り駅から出れない。」みたいなことがつらつらと書かれてありました。ん?

 「それ?病気なの??」わたしはびっくりしながらも過去の自分を思い出し、なるほど私はここでいうところのうつ病だったんだと気づきました。このプロフィールおかわりVOL5でも書きましたが、私は泣きながら勤務していたお店に「もういけません」と駅のホームから電話しました。足が前に出なかった、全身の血の気が引いて目の前が真っ白になって。うつ。そう、言われてみればうつの症状そのものでした。私はこのサイトを見た瞬間なんだか少しすくわれる気持ちを持ったと同時に違和感も感じました。違和感をどこに感じたかっていうと「病気」って言葉に。うつの症状。確かにそうです。この「新入社員のうつ病」ってサイトでもそうだったし周りのいろいろな情報を見ていてもうつに対してお医者さんが薬を出すってこと。このことに違和感というか正直怒りにも似たものを感じます。自分の意見だからって調子に乗ってあまり過激なことを書くべきじゃないかもしれないし、デリケートな部分も含むことだから無知な私が「怒り」とか「違和感」っていうのはどうかともおもう。でも、、、なんか違う!って私はおもう。薬じゃない!もしうつってものが病気なのだとしたらその病気を治すのはくすりではない。絶対違うっておもう!だってそれは「今の社会で生きるってことそのものだから」。私は社会人になって、調理の世界に入って打ちのめされた、コテンパンに打ちのめされた。それはただただ弱かったから。社会に適応できなくて逃げ出した。僕は5年前まであの時のトラウマを抱えてた。「また逃げ出すんじゃないか?」「根性なしでこの世界(料理人)でやっていけるわけない」そんな気持ちをあの時からずっと抱えて仕事してきた。実際何度も逃げ出してきたし、いろんな人に迷惑かけて、何度も自分に失望してきた15年間だった。5年前、自分でお店を経営して、つまり独立してやっとこのトラウマからは解放されたと思ってる。15年かかったのだと思う。あのうつ状態から完全に抜け出すのには15年私には必要だった。長かったのかもしれないけど仕方ないと思う。自分が弱いのだから。乗り越えるために自分のペースで成長するしかないし、自分のペースで強くなるしかないし、自分のペースで社会で生きる場所を見つけるしかない。私はとにかく逃げてきた。いろんなことから逃げてきた。けど、逃げながらでも歩みを止めなかった。歩みと止めないってつまり、「生きてきた」ってこと。逃げたって、立ち止まったとしたって、生きていればそれは歩んでるってことだと思う。生きてさえいれば何かある。いくら逃げたってかまわないと思う。自分の人生だから逃げたってちゃんと責任は自分で取れる。だって逃げた場所に自分が必ず立ってるんだから。そこでまた歩めばいい。15年間逃げ続けても振り返ればそれは今に至るただの歩みだから。私は今となってはラッキーだったと思ってる。19歳であの経験をして15年後独立して5年経営者として歩んで。まだまだこれからだって思う。もう怖くない。逃げ出し方は知ってるし(笑)。うつになりそうになったらすぐに逃げるよ。私なら。弱い自分を認めるよ。うつになりかけた時点でもう自分が弱いってことを認めるよ。

もし今、弱い自分と戦ってる人がいるなら僕の考えは「逃げなさい、あなたはすでに負けてます。次です次」っていうかな。薬ではない。もちろん教祖様に考えを委ねるのも違うとおもうよ。

水呑Cafe Boneu

〒720-0832 広島県福山市水呑町4727-1

TEL : 084-956-1939

営業時間:11:00-18:00 (LO:17:00)
テイクアウト:11:00〜18:00 (LO:17:00)

定休日:毎週日曜日、第2・第4月曜日